歯科衛生士の転職・再就職 / 体験者のアドバイス

転職や再就職を考える歯科衛生士の方へ

 

歯科衛生士は人材不足で売り手市場が続いています。

 

より良い環境と条件を目指して、歯科衛生士が歯医者を選ぶ時代です。

 

歯科衛生士は人手不足で転職も再就職もラクと言うけれど…

DHの転職と再就職

DHの転職と再就職

  • どれだけの歯科衛生士が転職をするの…
  • 平均で生涯に何回転職や再就職をしてるの…
  • ブランクがあるけど職場復帰で注意することは…
  • より良い条件の転職のために歯科衛生士の平均年収や休日が知りたい…
  • 育児が一段落したので再就職したいけど自由度のある働き方が出来るの…

 

私の3回の転職経験、また4年間のブランク後に職場復帰をした再就職経験にもとづく、より良い待遇や条件で転職・再就職するノウハウやコツをお伝えします。

 

私の歯科衛生士免許証

私の歯科衛生士免許証

さらに私が転職をする際に登録し活用、さまざまなサポートをして頂けた歯科衛生士専門の転職コンサルタントの方から教えて頂いた、歯科衛生士の就職や求人、転職や再就職の状況や背景などもご紹介します。

 

また私の歯科衛生士仲間で、歯科医師5名の歯科医院に転職、その後の引き抜きによる新規開業の歯科医院への2度目の転職でオープニングスタッフとして彼女が体験で得た転職アドバイスも紹介しています。

 

私の転職失敗と成功の経験から

歯科衛生士は慢性的に人材不足状態が続き、求人で売り手市場となっていて、歯科衛生士が勤務先、職場を選ぶことが可能な状態となっています。

 

歯科衛生士は、ほぼ100%が女性ですので、職場環境や条件の改善を求めての転職、更に結婚や出産での退職後に再就職や職場復帰するのが一般化していると言えます。

 

その結果、歯科衛生士の生涯転職回数は平均3~4回となっていますが、売り手市場であるからこそ、より良い待遇での間違いのない転職をするべきです。

 

有利で満足の転職・再就職を

有利で満足の転職・再就職を

当サイト管理人の私は、歯科衛生士として転職を3回、再就職を1回経験していますが、事前の調査不足、情報不足、他の転職先との比較検討不足で失敗をした転職経験もあります。

 

しかし、その後プロのサポートもあり、理想の転職と再就職に成功しています。

 

歯科衛生士は、結婚などの女性の重要なライフイベントに関わらず一生に渡り有効に使える、社会的にニーズのある資格です。

 

その有利な資格を十分に活かし、歯科衛生士として誇りを持ち働き甲斐を感じながら有意義に楽しく勤務できる、満足と納得の理想の就職先に転職が出来るよう、当サイトの情報を活用して下さい。

 

友人の歯科衛生士より

友人の歯科衛生士

待遇の良さと都会暮らしに魅かれ東京の歯科医院に歯科衛生士として転職。6年間の勤務を経て新規開業歯科医院にオープニングスタッフで転職した当サイト管理人の友人の私の体験談をお伝えします。

 

友人の歯科衛生士の転職経験談

歯科衛生士学校卒業後、地元の歯科医院に就職した私は待遇の良さと都会暮らしに魅かれて都内の歯科医院に転職しました。

 

友人の歯科衛生士の転職体験の紹介です

友人の歯科衛生士の
転職体験の紹介です

しかし理事長の方針が受け入れられず6年後、その歯科医以外から独立した歯科医に誘われ新規開業の歯科医院に転職をしました。

 

11年間の歯科衛生士経験の中で2回転職をした私が最初の転職で失敗をしたこと、そこで歯科衛生士として学んだこと、歯科医や患者さんとの接し方で注意すべきこと、また新規開院への歯科医院への転職でオープニングスタッフとして得た貴重な経験、歯科衛生士としての心得、チェックすべきことなどを転職を検討される方へのアドバイスとしてご紹介しています。

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク